自然との調和を目指す企業です

社会貢献をモットーに、より豊かな環境つくりを目指します。

サービス・業務概要 | SERVICE

建設コンサルタントとは

社会基盤の整備事業を円滑に推進するため

土木分野や 公園・都市開発等の都市計画分野において、インフラ整備のための、調査・計画・設計等の業務 を行うとともに、 建設工事が計画・設計どおり行われるように、施工管理を行います。

建設コンサルタントでは、 主に土木工学や建築工学の知識が求められますが、 環境保全が注目されている今日、個々の事業が自然に及ぼす影響についての十分な検証が必要なことから、 環境工学や生物学の知識、さらには、構造物の景観設計のためのデザイン能力等を必要とし、 実に多くの分野の人材が活躍しています。 このように建設コンサルタントは、 インフラ整備事業の推進という 重要な役割を果たす社会的責任を担い、 高度かつ幅広い知識によって社会に貢献しています。

 

業務内容
  • 発注者支援業務
  • 社会基盤整備を実施するプロセスのなかでは、建設計画が重視されますが、構造物の機能性・安全性・コストの縮減という点では『施工』が重要です。

    総合技術開発はコスト縮減の必要性や在り方を理解した上で施工管理に当たり、目的とする『構造物の機能性・安全性』の達成に努めます。

  • コンクリート関連業務
  • これまでの時代は、社会基盤整備新設の時代でしたが、いまの時代は環境的視点に立って『既設の社会資本ストックをいかに永く共用していくか』ということに重点が移っています。

    コンクリート構造物については、すでに塩害・凍結融解・アルカリ骨材によるコンクリートの劣化等の問題が生じています。これらの問題に対し、正しいコンクリート知識を持つ技術者が、誠意をもって対応します。

  • 電子化業務
  • 総合技術開発は『過去・現在・未来』にわたる情報を資産運用管理システムと考えます。

    これらの情報は、危機管理時に真価を発揮することは勿論ですが、『既設の社会資本ストックを永く共用する』ための情報として有用に活用できる様構築のお手伝いをします。